子どもたちの想像力を刺激し、知識の扉を開く鍵となるものです。教育者としての彼らの役割は、教室の外にある生徒たちの世界にも広がっていたのです。 興味深いことに、この素晴らしいコレクションの中には、「軽く臭い文学」という独特の趣味も含まれていました。これは、一見すると通常の教育的価値からは外れるかもしれないが、人生のあらゆる側面を探求す

「聖書象徴事典」 マンフレート・ルルカー 人文書院 学問的裏づけを持ちながら、わかりやすい言葉を用いて、旧約聖書および新約聖書の形象と象徴について解説する。聖書以前・聖書周辺、旧・新約聖書の記述、中世の典礼や美術について […]

「エリアーデ宗教学の世界 新しいフューマニズムへの希望」デイヴィッド・ケイヴ著 せりか書房 象徴、神話、聖と俗、歴史、宇宙、霊性をめぐって宗教、文化、民族を横断する「20世紀最高の知識人」エリアーデの方法と思想の全貌 […]